3つの基準

慰謝料は主にも3つの基準により判断されています。依頼する弁護士の基準、運転している加害者側が入っている保険による自賠責保険の基準、自動車保険による任意保険の基準です。自賠責保険は運転する人であればだれでも入らなければならない保険のことで、慰謝料ははじめ、ここから支払う基準を決めます。しかしこの保険の基準は最低限の補償しかされないため、これによって支払われる金額は非常に低いと考えられます。

この自賠責保険ではまかなえない部分を補償してくれるのが、任意保険基準です。任意で入っている自動車保険から保証されるものですが、その基準は保険会社によってまったく違うため、自賠責保険のように一定というわけではありません。

これら2つよりも高い基準で補償をしてもらえるのが弁護士基準で判断する慰謝料です。交通事故に精通している弁護士であれば、上記二つの保険をきちんと理解したうえで、いままでの事例をもとに判断をしてくれます。

この3つの基準をもとに、慰謝料の金額を決めることになります。きちんと適正な金額をもらうには、できるだけ弁護士の判断を仰いだほうがよいということになりますが、余計なトラブルを避けるためにも、きちんと話し合いをしましょう。