交通事故の慰謝料とは

慰謝料とは、実際の事故の損害やけがにかかった費用ではなく、その事故によって感じた苦痛など、精神的な面に関して支払う費用のことです。これははっきりとした基準を設けることができない難しい分野のため、それぞれの事故によって金額が変わってきます。ではこの慰謝料とは、どのような判断で決められているのでしょうか。

慰謝料にはまず、3種類あり、「入院慰謝料」「後遺症害慰謝料」「死亡慰謝料」というものがあります。これらの慰謝料を合わせたものを受け取ることができます。

まず、交通事故により入院が発生した場合にもらえるのが入院慰謝料です。これは、入院費や治療費のことではありません。入院に伴って苦しい思いをしたり、受けたくない検査や手術を受けなくてはならなくなったり、精神的な問題に関して支払われるものです。

次に確認したいのが後遺症慰謝料です。これはけがによりますが、交通事故によって残ってしまった後遺症にたいする慰謝料のことです。これらは体の一部が動かなくなってしまった、目が見えなくなってしまったなどの重い後遺症にだけではなく、ちょっと手足が動かしにくくなった、傷が残ってしまったなどといったものも含まれます。

もっとも避けたいことですが、死亡慰謝料というものもあります。これは交通事故に巻き込まれた被害者当人がなくなってしまった場合に、そのご家族に支払われる慰謝料のことです。当人の精神的苦痛に対してと、家族の苦痛に対しての両方を合わせた金額が支払われます。