弁護士に依頼しよう

交通事故の慰謝料には種類があり、その判断基準もいくつかあります。当人同士で話し合うことがもちろん一番大切なことに間違いはないのですが、内容が入り組んでいることと、実際にトラブルを起こしたときには、パニックに陥りやすいことから、専門家の意見を取り入れることをおすすめします。

弁護士に依頼するメリットはたくさんありますが、一番の理由としては、慰謝料がしっかりと補償してもらえることではないでしょうか。自賠責保険の基準、任意保険の基準だけでは、適正な慰謝料をもらうことは難しいかもしれません。また、もらった慰謝料を客観的に判断する術もありません。弁護士に頼めば、過去の事件と照らし合わせて判断をしてもらえます。

手続きや示談に関して困っていることがあっても気軽に相談できます。これらに関してははじめての人が多いはずなので、専門家の意見が聞けることは大変ありがたいことです。

弁護士に依頼するとお金がかかるのではと心配している人も多いかもしれませんが、そのぶんきちんと慰謝料が補償してもらえること、面倒な手続きにも応じてくれることを考えれば、そこまで高いともいえないのではないでしょうか。無料相談を行ってくれているところもあるので、一度相談に行ってみるとよいでしょう。

TOPIC・・・・交通事故被害者救済サイト

3つの基準

慰謝料は主にも3つの基準により判断されています。依頼する弁護士の基準、運転している加害者側が入っている保険による自賠責保険の基準、自動車保険による任意保険の基準です。自賠責保険は運転する人であればだれでも入らなければならない保険のことで、慰謝料ははじめ、ここから支払う基準を決めます。しかしこの保険の基準は最低限の補償しかされないため、これによって支払われる金額は非常に低いと考えられます。

この自賠責保険ではまかなえない部分を補償してくれるのが、任意保険基準です。任意で入っている自動車保険から保証されるものですが、その基準は保険会社によってまったく違うため、自賠責保険のように一定というわけではありません。

これら2つよりも高い基準で補償をしてもらえるのが弁護士基準で判断する慰謝料です。交通事故に精通している弁護士であれば、上記二つの保険をきちんと理解したうえで、いままでの事例をもとに判断をしてくれます。

この3つの基準をもとに、慰謝料の金額を決めることになります。きちんと適正な金額をもらうには、できるだけ弁護士の判断を仰いだほうがよいということになりますが、余計なトラブルを避けるためにも、きちんと話し合いをしましょう。

交通事故の慰謝料とは

慰謝料とは、実際の事故の損害やけがにかかった費用ではなく、その事故によって感じた苦痛など、精神的な面に関して支払う費用のことです。これははっきりとした基準を設けることができない難しい分野のため、それぞれの事故によって金額が変わってきます。ではこの慰謝料とは、どのような判断で決められているのでしょうか。

慰謝料にはまず、3種類あり、「入院慰謝料」「後遺症害慰謝料」「死亡慰謝料」というものがあります。これらの慰謝料を合わせたものを受け取ることができます。

まず、交通事故により入院が発生した場合にもらえるのが入院慰謝料です。これは、入院費や治療費のことではありません。入院に伴って苦しい思いをしたり、受けたくない検査や手術を受けなくてはならなくなったり、精神的な問題に関して支払われるものです。

次に確認したいのが後遺症慰謝料です。これはけがによりますが、交通事故によって残ってしまった後遺症にたいする慰謝料のことです。これらは体の一部が動かなくなってしまった、目が見えなくなってしまったなどの重い後遺症にだけではなく、ちょっと手足が動かしにくくなった、傷が残ってしまったなどといったものも含まれます。

もっとも避けたいことですが、死亡慰謝料というものもあります。これは交通事故に巻き込まれた被害者当人がなくなってしまった場合に、そのご家族に支払われる慰謝料のことです。当人の精神的苦痛に対してと、家族の苦痛に対しての両方を合わせた金額が支払われます。